2015.3.1 バッハ『ロ短調ミサ』

2015年3月1日(日) 14:00開演 サントリーホール
指揮:郡司博
独唱:星川美保子、増田弥生、土崎譲、薮内俊弥
管弦楽:オラトリオ・シンフォニカJAPAN

≪観客アンケート等から≫
●指揮者の円熟、バッハへの深い思い、何よりもハーモニーの良い合唱、ソリスト、アンサンブルが一体となってサントリーホールを包み、私の胸を打ちました。感動です。小林牧子さんのオルガンが光りました。聴きたい:ヨハネ受難曲、マタイ受難曲、メサイア
●女声の二重唱がすごくきれいでした。ソプラノ(星川美美保子)は特に素晴らしい。Agnusdeiの増田弥生さんも素晴らしかった。
●指揮、オーケストラ、ソリスト、合唱全てを日本人が行いながら、これだけのh-mollを聴けるようになったということに感慨を覚える。全てがよく訓練され、破綻が目立たない。近年の古楽器オーケストラ、小編成コーラスの流れの中、現代楽器、大合唱によるバッハは自分の趣味にマッチして大変うれしい。フォルティッシモでも適度な抑制が効いていて、終端部の処理なども中々職人的。指揮姿には弾力がある。今後とも引き続き末永く精進されることを願う。聴きたい:バッハ「モテット集」、メサイア、モツレク、メンデルスゾーン「エリア」、グノー「聖セシリアミサ」、ブラームス「ドイツレクイエム」
●バッハの音楽の大きさ、偉大さをあらためて感じました。誠実に、よく練習し、積み重ねられた音楽だと思いました。特に、「Gratias」「Sanctus」「Dona nobis」が良かったです。ソリストは増田弥生さんが特にゆたかな、あたたかいひびきで心に響きました。
●中島ゆみ子さんのヴァイオリンが良かった。聴きたい:5年ぶりにラターを。
●女声の最初の二重唱がとてもきれいでした。ソプラノの方の発声が美しい。アルトの方も素晴らしいです。
●大変素晴らしかったです。最初から感動しました。美しく強いと感じました。聴きたい:マタイ受難曲
●フルートの方(吉岡次郎)、素晴らしかったです。聴きたい:メサイア
●オケ・ソリスト申し分なし、フルート・オーボエ(中山亜津紗)も美しい。敢えて言えばコーラスがもっと力強くてもいいかな・・・後半素晴らしかったです。
●大変耳に優しい演奏で心地よかったです。アルトの増田弥生さんの歌唱が特に素晴らしかったと思います。これまでバロック音楽は眠くなるイメージがあり、敬遠しておりましたが、本日のような演奏なら、また聴きたいと思いました。
●おさえるところはきちっと抑えた、肩の張らないスマートな演奏だった。気楽に楽しく聴けた。250人余りの大合唱でありながら、指揮者の指示のもと一糸乱れずきちっと歌っていく所はさすがであった。力みがなくて、耳に心地よく響いた。さすがに場ばれした品の良さが感じられた。新潟バッハ管弦楽団&合唱団がスタートし、ロ短調等を練習しています。聴きたい:バッハのカンタータ NPOの活動:素晴らしいと思う。
●250人の合唱団の一糸乱れぬ演奏に感服しました。オーケストラの演奏も素晴らしい。AgnusDeiが大変美しい。
●見事に組織化された合唱団との演奏でした。聴きたい:第九
●聴きたい:シューベルト「水車小屋の娘」
●今回初めて合唱を聴きに来ました。これからも色々な曲を聴きたいです。聴きたい:ヴェルディ「レクイエム」-怒りの日
●言葉も良く分からぬ状態で宗教観も違う人間が聴いて理解するのは難しいと思った。聴くより歌って行動した方が理解が深まるのかと思う。また、この楽団が本場で歌い演奏したら、どう評価されるのかと気になった。
●バッハのロ短調ミサは初めて聴きましたが、合唱、オケともに素晴らしい演奏でした。特にオーボエとフルートは絶品でした。NPO:素晴らしい企画でした。
●品よくまとまちのあるバッハ演奏だと思います。が、合唱人数に対して声量が少なすぎと思います。歌詞はほとんど聴き取れませんでした。男声は良かったです。
●教会音楽は難しい。素人向けに簡単なガイドをプログラムに欲しかった。NPO:どういづ趣旨で始まった団体なのかプロフィールをパンフレットに書いてほしかった。
●やっぱりサントリーホールは素晴らしいです。スタッフの方々の親切な対応に感動しました。
●素晴らしかった。ガーディナーのCDで時々聴いているが、ゆっくりした静かな出だしにびっくりした。合唱は数が多すぎるので音量を下げて歌っているのでしょうか。ミサ曲なのに、二重唱やソロ曲にはカンタータや受難曲を思い浮かべてしまう曲もありました。後半の「Et expecto」が素晴らしかった。「Sanctus」~「Osanna」の流れもgood!コンサートの案内を送ってください。聴きたい:バッハカンタータ、フォーレ、ヴェルディ、ベルリオーズ、モーツァルトの「レクイエム」、受難曲、ブルックナー「テ・デウム」
●人間の声、人間楽器は素晴らしいです。
●もう1曲くらい小さな曲が聴きたかったです。聴きたい:バッハ、モーツァルト NPOニュース:とても良く出来ていると思います。
●コントロールされた声の集団、終わりの方になって透明感が出てきた。ソロ・オケも良かったです。郡司先生お疲れ様でした。バッハと会話した気分です。NPO:貴重な存在だと思います。
●きれいに響いていました。聴きたい:ドイツレクイエム、ヨハネ受難曲
●良い音が出ていて聴き良かった。聴きたい:第九 NPO:数多くおられる日本の声楽家を一人でも多く育てる場になって欲しいと思っています。
●感動しました!
●全文対訳で書いて頂ければ聴きやすくなります。訳だけでは追っていきながら聴くことが出来ません。前半は空調が良くなく暑く蒸している感じで眠気をさそうような感じでした。後半は涼しくなりもっと楽しめるようになりましたが、換気改善をお願いします。合唱はきれいでした。今回その魅力が分かるように感じました。やはり「第九」の礎は、教会音楽の合唱ではないかと思い、歴史の流れも感じました。
●素晴らしい演奏でした。聴きたい:マーラー「千人」来年公演があるそうで楽しみです。
●本当に本当に感動しました。来年のマタイ楽しみです。
●美しいアンサンブルでバッハが聴けました。管楽器のソロ特によし。合唱も良かったのですが、オーケストラの音量はもう少し強く大きくてもいいかもしれません。マイルドなミサ曲でした。
●心休まる演奏でした。色々な表現がある曲ですが、その感情が今日のように心休まる方向を向くのは私にとって良くあったものでした。NPOニュース:普段知らない情報が伝わってきています。