コンサート情報

音楽と語りでつづる/J.S.バッハ 「ヨハネ受難曲」

日付
2018/05/17(木)
時間
18:15開場 18:45開演
会場
紀尾井ホール
入場料
全指定席 S5000 A4000 B3000

イエスは 何故

十字架に自ら向かったのか

新進の脚本家:岡田道子

語り:渡部智也

音楽:郡司博

が繰り広げる

『ヨハネ受難曲』
演奏史への挑戦そして革命

<音楽と語りでつづる/J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」>

指揮:郡司 博/語り:渡部智也
ソプラノ:松井亜希/アルト:増田弥生/テノール:中嶋克彦/バス:加藤宏隆
管弦楽:オラトリオ・シンフォニカJAPAN/オルガン:小林牧子
合唱:東京オラトリオ研究会、立川コーラス・アカデミー
台本制作:岡田道子

『ヨハネ受難曲』がそれまでの受難曲のイメージを大きく覆すほどの衝撃を人びとに与えたことは想像に難くありません。なかでも第二部の中心部における劇的な展開は、受難曲というより迫真のドラマを目の前で観ているような印象を与えたことでしょう。合唱が演じるユダヤ人たちがイエスを十字架にかけろ!と迫る中で、総督ピラトはイエスの言う真実というものに戸惑いながらも最後には イエスを十字架にかけるべく引渡してしまいます。ところが十字架で息をひきとる直前にイエスが言います。成し遂げられた!と。十字架の上で死ぬことによって一体何が成し遂げられたのでしょう?

イエスのことを知らないと三度まで否認してしまったペテロにも向けた眼差しを、いまわの際の私たちにも向けて下さい!と切々と祈る第1部最後のコラールに『ヨハネ受難曲』を通したバッハの願いが現れています。それはそこに至るドラマの展開が劇的であるほど一層引きたつのです。

今回の演奏では、こうした展開をより理解していただき易くするため、ドイツ語で朗唱される福音史家の部分を日本語による朗読でおとどけします。円熟期のバッハが自信作に込めた思いを是非体感してください。(岡田利英)

★合唱団員が5/17チケットと共にお客様にお渡ししている「正しい?ヨハネ受難曲の聴き方」(PDF:A4-4枚)をご本人の了承を得てリンクさせて頂きます。 分かりやすい曲解説がちょっと面白い。今回はイタリア・ミラノにある、レオナルド・ダビンチが描いた「最後の晩餐」から話が始まります。是非お読みください。

5/17ヨハネ受難曲チラシ(PDF)

ヴェルディ『レクイエム』&童謡の主題による『こどもたちのための交響歌』

日付
2018/06/03(日)
時間
13:30 開演(13:00 開場)
会場
新宿文化センター 大ホール
入場料
全席指定 A4000円 B3000円

~東日本大震災音楽復興支援コンサート~

ヴェルディ『レクイエム』
慈恩玲乃 童謡の主題による『こどもたちのための交響歌』

指揮:寺本義明(東京都交響楽団 首席フルート奏者)
管弦楽:ブルーメン・フィルハーモニー

<ヴェルディ『レクイエム』>
ソプラノ:朴瑛実/メゾソプラノ: 加納悦子/テノール:ジン・スンオン/バス 豊嶋祐壹
合唱:東京オラトリオ研究会、欅の会
賛助出演:新星合唱団、東京ライエンコーア、東京トリニティーコール、向日葵の会

<こどもたちのための交響歌>
合唱:四街道少年少女合唱団、オーケストラとうたう杜の歌・こども合唱団、おおさわ学園三鷹市立大沢台小学校合唱団、おおさわ学園三鷹市立羽沢小学校合唱団、カントルムみたか こどもたちのための交響歌合唱団
合唱指揮 郡司博、渡部智也、内藤裕史

主催:東京オラトリオ研究会/共催:認定NPO法人おんがくの共同作業場

※学生席・車椅子席(2000円)は  おんがくの共同作業場のみでお取り扱いいたします。恐れ入りますがチケット購入の際は特記事項にお書きください。

※未就学児のご入場はご遠慮ください。

2018.6.3チラシ(PDF)